スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪ひきました。

ども!あんてな@です。

富山県の砺波で開催されているチューリップフェスタに行ってきました。
そしたら風邪をひきまして現在ダウン中です。。。

ブラックラーメンが美味しかったです(*´Д`)

それはさておきバトレボについて考えていたんですが、
「強い人は種族値の高くないポケモンを使って勝つ」
ってイメージがあります。

で、皆さんは種族値という考え方で6種の値の合計とかで強弱を決めている節がありますが、ポケモンを扱う際はすべてのポケモンを両刀にするわけじゃなく、大概のポケモンはどちらかに特化させます。
そうすると「物理特化の場合」「特殊特化の場合」の2つの種族値でポケモンを判断すべきなのではないかと思ったわけです。

で、たとえば@そーださんの持ちポケとして有名なレントラー、こいつについて考えてみると、

物理特化種族値「428」(物理特化ゴウカザル並)
特殊特化種族値「403」(特殊特化ニドキング並)
素早さ種族値「70」(メタグロス並)
最高決定力期待値「特攻95×10万ボルト(95×100%)×タイプ一致1.5=13537.5」(特殊型エレキブル並)

というような値を出せば、アタッカーか壁か大まかな使い道がいろいろわかるんじゃないかと。
なお、例えはすべて凄そうに書いてますが、技の豊富さや型の読みづらさで圧倒的に負けていて、優れているのは特性の「いかく」くらいです。

現在エクセルで作って表にしてる最中なので、完成したらこのブログにアップしときます。
使えそうなら使ってやってください。

最も、ポケモンの面白さは種族値だけじゃなく、補助技をうまく使っていく戦略性にあると思うので、このデータもエースアタッカーを作る以外にはほとんど役に立たないんですけどね。

そいじゃまた。
よいGWをお過ごしください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。雑草と申します。
私も最近バトレボのブログを始めました。
もしよろしければ相互リンクをお願いしたいのですが…

No title

>雑草さん
相互リンクですと!
こちらからもお願いします!!
さっそく張らせていただきますね!
プロフィール

あんてな@(25)

Author:あんてな@(25)
フレンドコード
0259-6353-5173



ニコニコ動画でバトレボ実況をしているあんてな@です。
ランダム対戦で当たる機会もあるかと思いますが、その時はよろしくお願いします。

対戦希望の方へ
対戦待合室
mylist(ニコニコ動画)
mail:eltower@hotmail.co.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。